スポーツ科學部

「競技スポーツ」と「生涯スポーツ」の2コースに分かれ、國內有數の充実した教育環境の中で
「スポーツとともに生きていく力」を養います。

スポーツ科學部のコンセプト

実踐知?経験知?學問知に富む教員陣が
「最先端のスポーツ科學の知と技」を教育。
スポーツを通して得られる豊かな人間力をもった人材を輩出します。

學びのポイント

POINT1第一線で活躍する経験豊かな教授陣

國際大會金メダリストをはじめ競技スポーツの場で活躍する人材の育成実績を持つ指導者、競技?生涯スポーツ雙方に精通する研究者など、経験豊かな教授陣が揃い、最先端のスポーツ科學を実踐と理論の両面から學ぶことができます。

POINT2様々な領域に関わる人材を育成

プレイヤーとしての力を伸ばすだけでなく、スポーツをする人を広く支えていくために役立つ知識?技術も修得可能。障がい者スポーツ、高齢者スポーツ、スポーツ事業のマネジメントなど、將來につながる実踐的な授業を展開しています。

POINT3豊かな環境と充実の施設?設備

國際規格を満たした競技施設や先進的な教育研究棟を完備しており、存分に研究や実習に打ち込めます。また、周辺の豊かな自然環境を活かした野外活動プログラムも充実しています。

4年間の學び

特色ある授業

  • 実習?演習系競技スポーツ演習4(體力)

    體力的な側面から競技パフォーマンスの向上を考える

    「スポーツ生理學」や「體力論」、「競技スポーツ體力論」で學んだ各種體力を実際に測定?評価する授業です。體力的な側面からみた場合、競技パフォーマンスを向上させるためには、競技特性に応じた體力要素を分析し、必要な體力要素を向上させるためのトレーニング計畫の作成?その実施が欠かせません。また、トレーニング効果を適切に把握するための形態および體力の正確な測定?評価などが重要になります。この授業では、測定?評価における信頼性及び妥當性の概念を理解すること、ならびに各種體力の測定?評価法を修得することを到達目標として設定しています。

  • 講義系スポーツキャリア形成

    スポーツ関連の職域について理解を深め將來に向けたキャリアデザインを考える

    將來の社會的?職業的自立を目指し、スポーツ関連をはじめ、さまざまな職域を調べ、課外活動を含めて在學中に何を學習し、準備すればよいか學ぶ授業です。授業は10クラスに分かれて行い、ディスカッションを多く取り入れることにより自己理解を深めるとともに、プレゼンテーションを通して自己表現についても學びます。

  • 実習?演習系野外実習

    山梨の豊かな自然の中で仲間や自然に対する理解を深めていく

    スポーツ科學部では、1年次の野外実習(キャンプ?水辺?雪上のいずれか)を選択必修科目としています。自然豊かな山梨の特長を最大限に生かして、キャンプ活動を基本とした登山、本棲湖でのカヌーツーリングなどを行います。自然と対峙する野外活動の意味について、心と體を駆使しながら理解を深めていきます。また、クラブやクラスの垣根を越えた仲間づくり、教員との関係づくりを行います。スポーツ科學部の特色ある実習です。

SNS

學部の魅力をSNSでも発信しています