トップページ > お知らせ一覧 > 入學にあたっての學長からのメッセージ(新入生及び保護者の皆様へ)

山梨學院大學お知らせ一覧

2020年4月3日(金)

入學にあたっての學長からのメッセージ(新入生及び保護者の皆様へ)

 新入生の皆さん、ご父母あるいはご関係の皆様、本日はご入學、誠におめでとうございます。心よりお慶びを申し上げます。この度、新型コロナウイルスの國內感染拡大により、「2020年度山梨學院大學?同大學院並びに山梨學院短期大學合同入學式」を中止せざるを得なくなったことは誠に殘念ですが、新入生の皆さんの入學を心より歓迎する気持ちに何ら変わりはございません。教職員一同、皆さんがこの酒折キャンパスで豊かな學生生活を送り、自らの可能性を広げていくことができるよう、その成長を全力で支援していきます。

 新入生の皆さんは、これから始まる大學生活に大きな期待をお持ちのことと思いますが、同時に、現在、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、學業や文化?蕓術?スポーツ活動に、どのような影響があるのか不安な日々を送っていることと思います。大學では、皆さんが、これから安心して學業等に専念できるように、出來る限りの環境を整えるべく準備を進めています。大學に限らず、現在は世界中であらゆる人々がこれまでに経験したことのない感染癥の拡大という狀況に立ち向かっています。必ずしも唯一の正解があるわけではない中で、必死に考え、最善の策を決定?実行しています。世界が協調して、この狀況に打ち克っていかなければなりません。

 本學の教育理念は「日本文化への深い理解と広い國際的視野をもって社會に貢獻する人間の育成を目指し、豊かな教養と創造力を備えた人格の形成を図る」ことにあります。新入生の皆さんが、本學での學生生活を通じて、「自らよく考え、チャレンジする意欲をもち、激しく変化する社會の未來を切り拓いていく人材」に成長してほしいと願っています。

 また、本學には、多くの留學生も入學してきます。今般、新型コロナウイルスの世界的蔓延に対する恐怖心から、各國で特定の人種や國籍の人々への差別や偏見が見受けられることは非常に殘念なことです。世界的歴史學者?哲學者で『サピエンス全史』の著者であるユヴァル?ノア?ハラリ氏は、人類が新型コロナウイルスといかに闘うべきかについて「今こそグローバルな信頼と団結を」と呼びかけています。世界から留學生が集う山梨學院大學の學生には、日本人學生?留學生どちらもが、このような狀況だからこそ一層お互いへの敬意を持って、平和で調和のとれた豊かな社會の創出に向けて貢獻できる人材へと成長してほしいと期待しています。

 山梨學院大學も、また皆さんと一緒に、この厳しい狀況下において、より充実した學修環境を提供できるように、努力を続けます。変化する社會に挑戦し続けること、そこで自らの力を信じ、社會への貢獻を模索し続けること。これは新入生の皆さんに本學が期待することであると同時に、大學自身が目指すことでもあります。大學も皆さんも、ともに、學び続け、挑戦し続けていきましょう。

 結びにあたり、改めて新入生の皆さんの今後の成長を心より祈念し、學長のメッセージといたします。本日は、ご入學、誠におめでとうございます。


2020年4月3日
山梨學院大學學長 古屋光司

Page Top

免费人成在线播放视频